天空のミサゴの日記

日常生活の中で学んだことや考えたこと、個人的に興味のあることについて書いています。

気分を変えられないとき

こんにちは☀️ 
ミサゴです。

嫌なことがあっても、
気分を変えよう!と思って何かを出来る時はいいんです。
もちろん、変えようと思わなくて浸っていても、まだ元気な時は自然と回復していきます。


でもそれができなくなったら…


気分が塞ぎ込みすぎると、そこから抜け出せなくなってしまいます。🌀


楽しい気分の時に嫌な事があると、
何でもない時に嫌な事があるよりも、
嫌な気分やがっかりした気持ちが強くなりませんか?

気分塞ぎ込んで抜け出せないとき、
毎日のように、気分が塞ぐような出来事があるのだと思います。
そんなとき、気分が明るくなると、辛さが増したりするんですよね…。
だから、気分を上げないように、無意識にストップがかかる。
のかもしれないなと、経験の中から個人的に考えつきました。


鬱の人の治し方として、
ストレスから離れる
というのがあります。


安心して明るい気持ちになれる、
気分の回復にストップがかからないようにする。
なかなか抜け出せない人だからこそ、
そのためにも必要な事なんだなと思います。


本当は、どんなときでも、気分を立て直せたらいいけど、難しい時はそれでいいんじゃないかなと思います。




ミサゴ